スポンサードリンク



遊離アミノ酸とリバウンド防止の関係について


遊離アミノ酸は、最近のダイエット事情の中で見直されています。
実は、遊離アミノ酸にはダイエットを成功させるためのリバウンドを防ぐある重要な働きがあったのです。
以下に、遊離アミノ酸がどのようにダイエットに関係し効果をもたらすのかをご説明します。

ダイエットを行う場合、基本的に余分な脂肪を落とすことが重要となりますが、そのためにはカロリー(エネルギー)摂取量を減らすことが必要となります。
しかし、単にカロリー摂取量を減らしただけでは、身体の内部では無駄なエネルギーを使わず、少しのエネルギーでも温存しようという作用が働きます。
つまり車に例えるならとても燃費のいい「省エネタイプ」に変化してしまうと言うわけです。
食事を一食抜いたり、食べる量を減らしたりすると、身体を動かすのが嫌になるのはそうした作用からきています。
しかし、そんな状態でも身体を動かなければ、筋肉量が減り、以前よりも逆に太りやすい体質になってしまいます。
また、そこで無理して体を動かすことで体調を崩してしまうこともあります。
結局は、そうした状態でダイエットをやめてしまう人がほとんどです。
ここで重要なのは、ダイエットをやめた後でいつもと同じ量の食事を摂ることによって、
身体は省エネモードのままで、エネルギーは使わないし、食べたエネルギーの吸収もいい状態なので、前よりも太ってしまうという結果に陥ります。つまりリバウンドを起こしてしまう訳です。

そこで注目されてきたのが、「遊離アミノ酸」です。
食事で摂取するタンパク質は、アミノ酸がいくつも繋がった状態ですが、
それをバラバラにした(遊離した)状態なのが遊離アミノ酸なのです。
カロリーを控えているときでも、9種類の必須アミノ酸を遊離の状態でバランスよく摂取すれば、
体に浸透しやすくなり筋肉や脳へ行き渡ります。
結果的に代謝の量を落とすこともなく、そして身体のリバウンドのリスクも低くなります。
脳も活性化した状態でいられますので、体をも容易に動かせますので脂肪の燃焼もスムーズに行えますね。
遊離アミノ酸を利用したダイエット食品の商品開発もずいぶん進んでいるようですが、
その仕組み(痩せるメカニズム)はこんな感じですから、「食べるだけ」・「飲むだけ」で痩せられるものではないことをよく理解しておく必要があると思います。



スポンサードリンク




ダイエットの真実を知る。ホントなのウソなの

一品50kcal以下の究極ダイエットレシピ





おいしく食べて確実なダイエットナビ TOP


低カロリーとダイエットメニュー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。